令和3年度 活用事業の紹介

  • アスパラ増産のための生産者に対する初期投資支援【経済活性化のために】

    寄付金活用額 1,662,000 円

    美幌町の主力な特産品であるアスパラ栽培に必要なビニールハウスなどの資機材への初期投資支援によって、アスパラの生産力と農業経営力の向上を図っています。
    美幌町は全国的にも珍しい、春夏秋冬それぞれの季節でアスパラが収穫できるまちです。本支援によって、年々生産量も着実に増えています。
    しっかりとした肉質と強い甘みが特徴で、ふるさと納税の返礼品としても大人気で、生産者が丹精込めて栽培するアスパラの増産を通じて、美幌町の基幹産業である農業振興のさらなる推進を図ります。

    アスパラ増産のための生産者に対する初期投資支援【経済活性化のために】
  • 美幌峠に続く白樺並木「ロマンチック街道」の保全【経済活性化のために】

    寄付金活用額 2,200,000 円

    美幌町では、北海道の道の駅ランキング景色部門で第1位に選ばれている「ぐるっとパノラマ美幌峠」をはじめ、地域の特色を活かした魅力ある観光地づくりを推進しています。 市街地から美幌峠に続く「ロマンチック街道」は、白樺の木に囲まれた美幌峠へ誘う自然に溢れた全長約15kmの道です。冬季間には、積雪により景色一面が白く塗られ、雪化粧を纏った白樺並木が見られます。また、白樺並木の景色は美幌高校の生徒の発案によってリニューアルされた美幌町のカントリーサインのデザインにも使用されています。樹木の成長に伴い、枝の飛散や道路の見通しが悪化するため、剪定など定期的にメンテナンスを行い、安全や景観を保っています。美幌町ならではの自然豊かな景色を保全し、地域資源を活用した魅力ある観光事業を地域住民の方々と共に推進します。

    運動を通じた健康づくりのための機具の購入【まちづくりのために】
  • 妊産婦・乳幼児の健康診査、育児相談の支援【福祉充実のために】

    寄付金活用額 630,000 円

    美幌町で安心して子育ていただくため、妊婦さんの産後の健康管理、乳幼児の定期的な健康管理によって、発達などの遅れを早期に確認し、適切な子育て指導や相談を行います。
    具体的には、保健師や栄養士がお子さんへの身体計測や栄養指導を行ったり、医師が問診を行うほか、育児に関する相談も行います。
    保健福祉、健康増進の複合施設であり、役場に隣接した「しゃきっとプラザ」にて、健康診査や相談が行われています。
    各種健診を通じて、母子ともに健康で安心した生活が末永く送られるようサポートします。

    妊産婦・乳幼児の健康診査、育児相談の支援【福祉充実のために】
  • 地域ボランティア活動充実のための支援【福祉充実のために】

    寄付金活用額 100,000 円

    人口減少と少子高齢化が進展する中で、地域活動を支えるボランティア人材が特に不足しています。美幌町の社会福祉協議会では、「ささえ手」を増やしたり、現在の「ささえ手」がさらに情熱をもって楽しみながら参加できるように、活動に参加した方へ「ボランティアポイント」を付与する「ささえ手くらぶ」に取り組んでいます。ポイントの対象となる活動は、お弁当の配食サービスやお身体が不自由な方の通院など外出支援としての移送サービス、災害ボランティア訓練への参加など様々です。貯まったポイントは町の特産品などと交換できます。町民がこれからも住み慣れたまちで過ごせるよう、ボランティア活動をはじめとした支え合い活動によって、地域福祉の充実を推進します。

    運動を通じた健康づくりのための機具の購入【まちづくりのために】
  • 絵本とのふれあいを通じた読書週間定着支援【教育充実のために】

    寄付金活用額 200,000 円

    美幌町では、幼い頃からの読書習慣のきっかけづくりとして0歳、3歳、6歳のお子さんに絵本をプレゼントしています。
    絵本のプレゼントの際には、図書館司書やボランティアの方が、語りかけの大切さや楽しみ方をお伝えしているので、読書がより身近になることで家庭における読書習慣化のきっかけづくりになっています。
    さらに、0歳、3歳、6歳と成長する過程に応じた絵本をプレゼントし、読書の大切さを切れ目なく支援することで習慣化と定着を図っていきます。

    絵本とのふれあいを通じた読書週間定着支援【教育充実のために】
  • 運動を通じた健康づくりのための機具の購入【まちづくりのために】

    寄付金活用額 1,300,000 円

    美幌町はスポーツが盛んであり、様々なスポーツ少年団活動も活発であるほか、オリンピックやパラリンピック選手も多数輩出しているまちです。スポーツに触れ合う機会をより増やすために、屋内スポーツ施設ができる体育館はもちろん、屋外スポーツも冬季間や雨天時に練習可能な施設もあります。また、リハビリや筋力トレーニングをはじめとした体力づくりのため、トレーニング器具を持ち合わせた施設もあり、特に利用ニーズの高いランニングマシーンの充実を優先しています。ランニングマシーンは、ウォーキングからランニングまで幅広く対応しているほか、屋外よりも膝をはじめとした怪我のリスクを下げながら健康づくりが可能な機具なので、機具整備により、町民のより一層の健康増進を推進していきます。

    運動を通じた健康づくりのための機具の購入【まちづくりのために】
  • 指定文化財“カシワの木”の保全【まちづくりのために】

    寄付金活用額 1,870,000 円

    美幌町では、文化財として指定されている “カシワの木”を保全するため、樹木医による木の治療を行っています。このカシワの木は、町立の美幌小学校の敷地内に8本自生しており、樹齢が高く、長きに渡り児童を見守ってきた木であることから、美幌町の文化財として指定されています。中には樹齢220年を超える巨木もあり、美幌小学校の開校当初から親しまれています。このような貴重な文化財も、腐食の進行や倒木などを防ぐため、オホーツク地域唯一の樹木医による治療によって保全されています。木を腐らす“木材腐朽菌”などの影響を受けた箇所には専用のウレタンを吹き付けて保護するなど、多くの知識と経験を基に様々な診断や治療が行われています。今後も木を守り、緑を作る保全活動を継続し、町民と共に長い歴史を歩んできた貴重な文化財の姿を将来につなげ、町民文化の向上を図ります。

    運動を通じた健康づくりのための機具の購入【まちづくりのために】
※随時更新しているため、未掲載の事業もあります。
使い道と実績へ
美幌町